2011年11月の記事

やさしい気持ち

オレのすぐ隣で会話してる2人の若者がいたわけですよ。「この前ダウンジャケットを買おうと思って、近くのドンキに行ったんだけど、いいの無くてさ。」と。ドンキでダウンジャケットってどうなのよ、とは思うが、それはまあ人それぞれですし。で、「あれ?お前ん家の辺ってドンキあったっけ?」と相方が質問したんですね。「いや、あるんだよ。環七沿いに、びっくりドンキ・・・、ドンキホーテ。」「へー、そうなんだー。」「そうな...

  • KEI
  • 2011.11.27

Mitch.12月4日(日)横浜 オーキー・ドーキー     (045-326-6776)Open   18:30Start   19:00Ticket ¥2,100(1drink付)with.POCKY&PRETZ    詩子☆デラックス2番目19:50から出演します。  ...

ノッテルかい!?

たま~にあるよね? この感じ。ウンともスンとも言わないブログ。ちょっと慣れた。「風邪ひかないでね」って言った次の日から3日位ノドをやられて声が全く出なくなった。憂歌団唄ってみた。激似。慶さんとは会っていない。電話も出ない。   メールで「明日必ず返事よこせ」って入れると次の日「OK!です」って返事がくる。拉致られてんのか?発覚を遅らせるために犯人が慶になりすましてるとか?まぁなんにしても「誕生日おめ...

ノッテルね!

調子に・・・・・・。雨男が。オッス!!11日はアリガトウ!!みんなに助けてもらったと思ってます。雨&寒い&「詳細?なんの?」等のアクシデントにも負けず集まってくれた勇者達君達は素晴らしい!!素敵です!!!ありがとうございます。お蔭様で攻撃的な12月を迎える事になりました。「後は一人用のリハと曲作ったら終わりかな~。」って思ってたらそうもいかなくなったね。楽しいからいいね。チョロチョロ来年の話も頂い...

Vo

11日、本八幡ルート14にお越しいただきました皆様ありがとうございました。お腹から声が出てないヴォーカルでおなじみ、TETSUです。人生初のリードヴォーカルということで2011年11月11日は僕にとって記念すべき日になりました。ルート14さんありがとうございました。12月9日もよろしくお願いします!「恋の1・2・3」次いつやるかはわかりませんがいつかアレサ・フランクリンみたいに歌おうと思ってます。ええ、いつか横の二人をく...

Telling Lies

ワタクシ、ウソをついておりました。いや、結果的にウソになってしまいました。昨日をもってリリーは年納めということで、本ブログでも〆のご挨拶をさせていただき、ライブ中も「メリークリスマス!」を連呼していたのですが。12/9(金)本八幡ルート14、オファーいただきました!謹んでお受けいたしました!ので。今年もまだまだ皆様に支えてもらわねばなりません。支え甲斐があるべく、出来る限りユラユラしますので、ひとつよろ...

  • KEI
  • 2011.11.12

Merry Christmas Mr.Lawrence

前日に引き続き、今更ですが。本日を持ちまして、2011年のリリーはラブスパイダーを打ち止めといたします。本年もお世話になりました。皆様に支えられてなんとか2011年も乗り切ることが出来ました。来年も同じく支えられていく所存でございます。どうかひとつよろしくです。そして、最後のリリーもやはり雨ということで…。お足元の悪い中ではございますが、今年最後の3人に会いに来ていただけたら幸いです。よっしゃ!出...

  • KEI
  • 2011.11.11

今さらジロー

ホントね、今さらなんですけど。明日のライブ詳細です。言っときますけど、この辺りの不手際はミッちゃんによるものですから。オレも今日知ったんだから。是非とも明日、現場にて直接文句言ってやってください。11/11(金)本八幡ルート14「All Hands Together」open: 18:30 start19:00adv\2500 door\3000-with-蜘蛛蜥蜴ダットサントラック我らリリーは 19:00から の出番です。ホント、今さらでゴメン。そういえば昨日、夢にミッ...

決めてしまいました。

12月4日(sun)横浜オーキー・ドーキーMitch.がソロで唄わせていただきます。詳細未定。リリーはラブスパイダーの曲もやります。リリーはラブスパイダーではやらない曲もやります。今日、今から作る曲もやるつもりです。今年はソロに始まりソロで終わりになります。できればたくさんの人に観て頂きたいです。よろしくお願い致します。Mitch....

It's a Man's Man's Man's World

本日、麻布のとある坂の上にて。「日差しが強いねェ~。」唐突に後ろから声を掛けられた。振り返れば、そこには1人のオッサンがにこやかな表情で立っている。・・・えーと。誰?そう思いながら、様子を伺うと、その紺のブレザーの胸には「●●ハイヤー」なる刺繍が。どうやら、客待ちのハイヤーの運転手が暇を持て余して、居合わせたボクを話し相手に決め込んだようだ。「ハァ・・・。」煮え切らないボクのリアクションを気にするでもなく...

  • KEI
  • 2011.11.03