小さな恋のメロディ

みなさん こんばんは ニッセンのカタログ見てますか?
リリーはラブスパイダーのイカツイ方のMitchです。
って アノ野郎今日も書いてないじゃん ふざけやがって!!!
でも 大丈夫 今日はネタがあるから。  そう
最近ギターを買ったんだけど 今日はいちばん付き合いの長い青いギターの話をしよう。

それは10年以上前の話 5人組のバンドをやっていたのだが いろいろあって二人いたギターの片方をクビにしてしまった。
それで これからはオレが弾く事になるだろうということで 「買うか!」「ギター!!」となりました。
予算は10万円 結構な額だがしょうがない。で
行きました十字屋に・・・でも無い・・欲しいのが・・でも買う気満々だから引き下がれない。
ゆっくり冷静に店内を見回した ところ あったんですよ目が・・・もうね

カローラの中に一台だけコルベットが置いてあったみたいな感じ。

買うって決めてた 音とか弾きやすさとか どうでもよかった。一回だけジャ~ンって鳴らしたけど
これにする!って決めてた。
おいくら? 25万です。 もちろん月賦で!それが出会い。

ただ その後がカッコ悪い・・・完全に舞い上がってた。 真昼間の夢遊病者状態だ。
そこで 一回落ち着こうと思い 当時すごく好きな女の子が近くのCD屋でバイトしてたのでそこに向かった。


行くと彼女はレジでHideのPOPを描いていた。視線を感じ顔を上げた彼女にオレはうわ言のように
「買うてもうた・・・」と言った。そしてチラっとケースを開け中を見せた。
彼女はインテリアにしても派手すぎるコルベットを見て「あんた大丈夫?」といった。
「うん・・。」と言ったが大丈夫なわけがない・・・
免許持って無いのに新車のコルベット買ったみたいなもんだ。大丈夫ではないに決まってる。

「いくら?」 「25万。」 「ローン?」 「うん。」 「月いくら?」 「8千円。」

「6千円にしたら?」 働かないオレに彼女はとてもやさしい言葉をかけてくれた。

「とりあえずそのビニール外したら?」「カッコ悪いよ。」と言われ ふと見ると
ケースの持ち手にビニールが巻いてあった・・・・。情けない・・・
新車のシートにビニール付けたまま運転しているオッサン状態だ。

3センチ浮いたままオレは家路を急ぎましたとさ。


後日彼女はオレの豪華すぎるハードケースの内張りを見て「アタシここにすみたいなー」と言っていた。
今頃はきっと素敵なママになっているだろう。       おしまい。



Mitch.



スポンサーサイト