Come Together

  • KEI
  • 2010.09.14

リリーを始めてから、多くの人々との再会が続く。

お客さんにスタッフにバンドマン。

会う人会う人懐かしかったりして、「嬉しい気持ち」を得した気分だ。

考えてみれば、隠遁生活を送っていたのはボクの方で、彼らからすれば「勝手に懐かしがってんじゃねえよ」って事なのかもしれないけれど。

その際、大抵話題に上るのは「体型」についてだ。

「太ったかどうか」

どうやらそれが重要らしい。

「K E I は変わらないねぇ」とは言われるが、たぶんそうでもない。

気にしていないのでよく知らないが、変わってると思う。

頭なんか総ヅラだもの

そりゃイイ年してんだから、変わるでしょうよ、みんな。

いいじゃない、それで。

以前も書いたけど、ダイエットとかはダメよ。

ロックじゃねえもん。

ロックに我慢は似合わないって。

我慢したら、もうそれはロックンロールじゃないんだよ。

享楽的な生き様の象徴としてロックンロールがあるのであって。

その結果が「肥満」であっても、それを晒すのがロックンロールであって。

ジム・モリソンが太った後期ドアーズはロックではなかったのか?

太ってたって、ジェームス・ブラウンは最高にクールだ。

キュアーのロバート・スミスだって、ピクシーズだって。

ミック・ジャガーが煙草やめて、走りこんだりしてるのは、エンターテイナーとしてはプロフェッショナルだけど、ロックンローラーとしては落第だ。

もちろん美意識は重要だけど、表面的な美意識に拘るならヴィジュアル系でもやってりゃいい。

だけど、オレはそいつをロックとは呼ばないぜ。



・・・さあ、分かったら、俺と一緒に行こうぜ!

・・・え?

どこへって?


バカヤロー!すたみな太郎だよ!

決まってんだろうが!

あ、言っとくけど、ご飯禁止だぞ。

その分、食えなくなるからな。




K E I

スポンサーサイト

1 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)