Imagine

  • KEI
  • 2010.11.26



新シリーズ始めます。

題して、「電車の中」。

・・・字面だけ見てると、なんか、日活ロマンポルノの香りがするね。

「千恵子、電車の中」

みたいなさ。

ですが、残念。

皆様の期待に応えられるようなエロはございません。

いやね、なにしろ忙しない世の中じゃないスか。

みんなして空白を恐れるみたいに忙しくしてて。

飯食いながら読書したり、歩きながら携帯いじったり。

特に都市部は感覚的に時間の流れが速く、徒に焦燥感を煽るからね。

なんかしてないと不安ってのも分かるけど。

大丈夫。

頑張ってる君をボクは知ってるから。

もうちょっとユルい感じでいていいと思うよ。

俯瞰で見て、初めて見えてくる風景というのもある訳で。

・・・で、何が言いたいかというと、「電車の中」くらいは本や携帯をカバンにしまって、周りを見渡してみてってこと。

そこには、ボクの経験上、なにかしら心温まる出会いがあります。

誰もが認めるメガトン級のコントさんから、他の人にとってはなんてことないけれど「自分的にツボ」なモノまで。

今回はシリーズ1回目ということで、あえて「自分的にツボ」のマニアックな物件をご紹介したく思います。

1週間くらい前かなぁ。

ボクがいつもの総武線に乗りこむと、そこに彼はいました。

キタ!

ビビッと。

とはいえ、彼におかしな言動があるでもなく、おかしな格好をしているでもなく、いたって普通の乗客ではありました。

ただ一つ違っていたのは、顔が ジョン・レノン に似ていたこと。

そして、体つき・着こなしが 武田鉄矢 に酷似していたこと。

しかも金八ではなく、刑事物語の。


イエス。

それを捨て置けるボクではない。

おかしいでしょ、それは。

共通点があるとすれば、長髪であるということだけ。

しかも、彼のそれはレノン意識なのか、鉄矢意識なのかは判然としない。


ジョン・レノンがかの「イマジン」で歌っていたように、"想像してごらん"。

顔はレノンで、体は鉄矢。

顔はレノンで、体は鉄矢。

丸い眼鏡にずんぐり体型。

髪をバッサーかきあげながら、白いピアノで歌う「イマジン」。

「イマジン」だと思ってたら、気がつけば「バカチン」に。

「ハイ、歌いなさぁ~い!」

オーディエンスにコール&レスポンスを強要。

「こん、バカチンがーっ」の強制大合唱。

しかも、その”がーっ”の部分は「G i r l」の発音で。

愛と平和と赤いきつねの使者、今ここに!


などと考えていたら、あっという間に降りる駅に到着。

楽しい帰り道をありがとう。


てか、人様のルックスをどうこう言っちゃってて何様のつもりかとは思いますが、この忙しない世の中、そんな温もりを得られる貴重な場所の一つが「電車の中」だったりするんです。

今日の帰りの電車で、、そっと顔を上げてみてごらん。

きっと、そこには君にとっての”彼”がいるはずだから。





K E I




※「電車の中」次回予告

久々の登場!劇場型、大物「コントさん」!
ラスベガスからやって来た男?
謎の女の正体は?
コントさん:ライブ in JR中央線!

お楽しみに。


・・・って、今回のが不評だったら、2回目は自粛しますとも。

スポンサーサイト

2 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)