All Tomorrow's Parties

  • KEI
  • 2013.10.29


ルー・リードが死んだ。

18の時に初めて聞いたVelvet Undergroundは最高にカッコよかった。

ポップなくせに愛想がなくて、自意識過剰な当時のボクにはピッタリだった。

その志村みたいな変な歌声を毎日聴いた。

だから今でもルーそっくりに歌える。

後になって、その歌い方がディラン譲りなのだと知った。

ある時期のボウイは、そのディランを意識したルーを意識して歌ってみせた。

そうやって音楽は、バトンをつないでゆく。

ボクが、ルーから受け取っているはずの小さなバトン。

そいつはギターケースの奥の方で埃をかぶっているけれど、磨けばきっと歌うはず。

志村みたいな変な歌声で。



Rest In Peace.




K E I

スポンサーサイト