Shame On You

  • KEI
  • 2014.05.30



先月の書き込み辺りから続く、人生の総括準備。

過去を振り返ることは、決して後退と同義ではないと今更ながらに気づき、恐る恐る振り返ってはみるのだが・・・。

もうね、恥ずかしいことばかりですわ、我が人生。

今なら分かるね、太宰の気持ち。

まず小1ん時、おもらししたでしょ。

で、小3で、給食のきゅうりを食べられない理由として、「きゅうりに襲われたことがある!」などというSFで周囲を煙に巻いたでしょ。

で、小6で、ちばてつやの描いた「あしたのジョー」のイラスト(印刷)を自分が描いたみたいなことを言っちゃったもんだから、後に引けなくなってものすごく練習したせいで、いまだに上手いでしょ。

で、中学に上がって・・・って、なんで恥ずかしいエピソードを発表してんだっつう話で。

とにかく。

バンド始めてからも、メンバー(男)同士でキスしたりとか、頭を抱えたくなるような物件が山積みなのですが、その中にあって、どこに出しても恥ずかしくないのが、楽曲たちで。

ソロん時にちょこっと演ってみたりとかもあるんですが、バンドでしか演り得ない曲なんかは放置されたままだったりするので、これからちょっとずつ、リメイクなんかもしていければいいなと最近思ってます。

まあ新曲もどんどん出来ちゃうし、なかなか段取りがつかないかもだけど、いつ死ぬか分からんしね。

恥ずかしくないモノを残していきたいと。

切にそう願うわけです。


ただね~、人前で自己表現をするという行為自体が、相当に恥ずかしいものであるというこの矛盾が、ねえ?



K E I

スポンサーサイト