SAD VACATION

  • KEI
  • 2010.03.29


ガキの頃、今のボクぐらいの年齢の人は物凄く立派に見え、

おっさんになったら、人は皆、自然とそうなるのだろうと漠然と思い

当然自分も…と思っていたわけで。

ところが、どうだい。

世間様に公表しているブログで、チンコ とか書いて喜んでいる大人がここにいるわけで。

おかしいね。

時代のせいさと嘯いてみるも、周りを見渡せば、いわゆる「ちゃんとした大人」というのが歴然と存在しており、気がつけば、大人行きの最終便に乗り遅れた阿呆鳥。

上下を見ればキリがないが、成長とはなんぞや?

それこそ チンコが無毛の頃から不変のゆるさとずるさ。

上達したのはギターとモノマネのみ。

なんじゃぁこりゃあぁ!

ごらんの通り、そのネタ元だって古いときてる。

ネガティヴ?

そんなもんは豚の餌にしてしまえ。

ましてや、ポジティヴなんて言葉は信用ならない女のようで。

世の為、人の為、汗水流している大人がいる一方で、

ケツを拭く紙にもならない歌を歌う。

メッセージってなんですか。

それ食えるんですか?

ただただ享楽的にロックンロール。

それは正しいのか?

正しいことは正しいのか?

正解不正解を串刺しにして炙って舐めようよ。

西からだろうが日は昇り、チンコには毛が生える。

大人はメンドクサイ。

子供はもっとメンドクサイ。




…引き続き頭痛でおかしくなりました。

ゴメンね。




K E I












スポンサーサイト