北の宿から

  • KEI
  • 2009.10.25

え~、新曲 に取り掛かっております。

世の中には「いい曲」の定義というのがありまして、またその条件を満たした「いい曲」というのがいっぱいありまして、まあ各々シノギを削っている訳なんですが、我々としてはね「いいじゃない、そんなことは」と言いたい訳ですよ。

ヤ、何の話かといいますとね、ミッちゃんとよく話してるんですよ。
リリーでやる意味っつーか、リリーである意味っつーか。

そん中には、なにも好き好んで限定された「いい曲」をやらんでも…ってのがあって。
それはプロアマ問わず、他の方達がやってらっしゃるし、ウチらはもっと優作的に 「奥さん、あたしゃね、自由でいたいんだよ!」でいいじゃないと。いい曲とは‥とか言う人には邦衛的に「子供がまだ食ってる途中でしょうが!」でいいじゃないと。

誤解を恐れずに言ってしまえば、「いい曲」でない曲をどんどんやっていこうって感じで、まあ合意が取れてるわけですわ。

ただね、片や 杉並の筒美京平 ですし、片や 杉並の阿久悠 ですから、気を抜くとつい「北の宿から」jumee☆snowman2L クラスのものが出来上がってしまうわけですよ(「北の宿から」は作曲:小林亜星だけどね)。
なので、信念をしっかり持って曲作りに臨まねばならんのです。

…てな具合で気持ちを引き締め、新曲としてミッちゃんが持ってきたのが、フツーに 「いい曲」 なんだな、これが。
しかも 南田洋子を想う長門裕之 ぐらいのラブソングだというので、こちらも一応 待ってくれMitch とだけは言っておいたが、ボクはこの曲を最高にカッコよく台無し にしてやろうと思っている。

そのせめぎ合いの結果がどうなるものやら、楽しみにお待ちくださいませ。




K E I






スポンサーサイト